尼崎市立魚つり公園売店
トップページ エサ情報 アクセス 問い合わせ 店長守田ブログ 公園動画 過去の釣果写真
 武庫川渡船  BBQ広場  プチ釣堀 武庫一ブログ つりTV  渡船動画 一文字釣果写真
   手軽にレンタルロッドで楽しもう!

利用料金 仕掛付き 仕掛無し  
サビキ釣りアジ・イワシ狙い! ¥1000  ¥700 (エサ別)
ズボ釣りスズキ・チヌ狙い! ¥1000 ¥700 (エサ別)
 【注意事項】
◆ 仕掛付き 1セットに付き仕掛は1セットとなります。仕掛を大物に切られたモツレ・根掛かり
   (海底を釣り、仕掛を破損)などは、仕掛のみをお求め頂きます。
◆ エサは別料金となります。釣り方、季節にあったエサをスタッフがオススメ致します。
◆ 時間制限など、御座いません。一日遊んで頂いてもOKです。
◆ 竿を破損された場合保証金は頂いていません。釣りを再開される場合もう1度料金を頂きます
 
サビキ釣り
(オススメの季節) 6〜11月 ファミリーにオススメ

アジ・イワシ・サバ・サッパなどを5本・6本針で狙う釣り方です。
シーズン中は、比較的に数が釣れる可能性のが高い釣りで、
お子様でも楽しみ易い釣りです。


【釣り方】
カゴの中にエサ(アミエビ)を入れ足元に仕掛(6本針)を落とし竿を上下し、エサを撒き、針を間違って食べさせる釣りです。アタリは竿先がブルブルとした感触があるとゆっくり巻き上げます!
 

マアジ(赤アジ)

最もファンの多い魚です。
例年公園では6月頃から釣れ始め12月まで楽しめる魚です 南蛮漬け・フライ・刺身で美味しく頂けます!       

 
マサバ


マアジにそっくりですが、体型がシャープで背中がやや青っぽく尾鰭の近くにあるゼイゴと呼ばれるギザギザの形が違います。揚げ物料理にすると美味しく頂けます。

カタクチイワシ

水面から2〜5mと浅めを回遊する事が多くGW前後に釣れ出す大型のカタクチイワシは煮付けフライでも美味!秋には、太刀魚がカタクチを追い接岸します。   
          
 
 
サッパ (ママカリ)
  岡山名物 

河口の砂地を好む魚です。引きは独特でよく仕掛を絡ませます少し太めの仕掛がオススメです

小骨の多い魚ですが酢漬にしたりフライで美味しく頂けます

コノシロ(コハダの親)出世魚 



11月頃にサビキ釣りでタナベタ底で釣れる事あります。群れで行動しており釣れ始めると10匹20匹と釣れ続きます。
サッパ同様にやや小骨の多い魚で刺身・酢の物なども骨切りをすると美味しく頂けます。

カマス


夏前後から新子サイズ7CM前後が釣れ始め10〜11月には良型の25CM〜30CMクラスも釣れます。歯が鋭く細いハリスを切って行く事もあります。塩焼き・干物が美味しく頂けます。
ズボ釣り
(オススメの季節))12月〜5月一発大物狙いです!

スズキ・チヌをシラサエビ・青イソメで狙う置き竿の釣りになります。オモリと針という、とにかくシンプルな仕掛で、穂先に伝わる魚からの小さなアタリをとり大物を浮かせます

 8〜10月には、桟橋橋脚周辺の浅めのタナを狙うと、サンバソウ(石鯛の幼魚)カワハギも青イソメで数釣りが出来る事もあります。
シラサエビを使用する場合は、針にもシラサ、撒きエサにシラサを撒きながら釣ると釣果アップにつながります。

黒鯛(チヌ)

警戒心は強いが好奇心も強い魚です。雑食でオキアミ・イガイ・シラサ・カニ・青イソメ何でも食べる魚です。年中ファンを楽しませてくれる魚です。50p以上のチヌを年無(としなし)と呼び公園年間10枚以上釣れています。

鱸(スズキ)

セイゴ・ハネ・スズキと名前の変わる出世魚です。スズキは強烈な引きが魅力でファンがとても多いです。水面でエラ洗い・ジャンプなどで派手に暴れ針を外します。エサは、シラサ・青イソメ・キビナゴ・アジなどでも釣れます。 

サンバソウ(石鯛の幼魚)

小さくても石鯛です。引きは強烈で楽しませてくれます。9〜11月上旬に桟橋の橋脚周辺を群で泳いでいます。シラサでも釣れますが青イソメ・石ゴカイ虫エサを好みます。口が小さく小針が有効です。専用仕掛がオススメ     
 
メッキ(ミナミギンガメアジ)


9月頃〜12月頃までズボ釣り・ウキ釣りでシラサ釣れます。
サイズは15〜23cmと手の平サイズにまで成長しよく引き楽しませてくれます「。お刺身・バター焼きで食べても美味しい魚です。
 
ハゼ

公園は、武庫川の河口にある釣り場で秋から釣れ始めます。11月頃からは20CMを超えるサイズが釣れます。餌は青イソメでタナは底を狙いパタパタと釣れた後は、少しポイント移動し釣るのも数を伸ばすコツです。関東ではこのサイズは高級魚となり、天ぷらで1匹 1000円という値段にるそうです。
  
カレイ

公園では、ゴールデンウィークの時期に毎年釣果が出ます。
エサは、青イソメがオススメです。平均20cm前後ですが、40cmオーバーも釣れた事あります。
 シラサエビ(淡水のエビ)

基本的には、琵琶湖産のエビですが、季節などにより変わります。
シラサの付け方ですが鼻掛・ホホ掛などありますが、尻尾に
チョン掛けが付け易く、良く泳いでくれます。元気なエビを付けることが釣果に繋がります
 青イソメ

スズキ・チヌ・カレイ・ハゼ・サンバソウなど見た目はグロテスクが万能エサです。年中底狙いで一発大物狙いの方もおられます。撒きエサが出来ませんが待ちの釣りとして最強のエサです。
釣り方                          
@ エサを付け写真の様に穂先を手すり前に出し
   狙うタナ(魚のいる深さ)まで下ろしアタリを待ちます。
A アタリは、魚により大きな引ったくる様なアタリやコツコツと
   穂先を叩く様なアタリ・竿先がもたれる様なアタリなどバラバラです。
B アタリがあると大きくアワセを入れてからゆっくり慌てず巻き上げ、
   公園備え付けのアミで頭からゆっくりとすくって下さい。

レンタルロッドには、道糸(リール糸)とハリス(針の付いた糸)が
絡まなくする為、天秤を付けています。